<IMG src="../img/qa.gif" width="220" height="80" alt="Q&A">
アフリカマイマイってこわいの?
動物

 アフリカマイマイは、日本国内では沖縄(おきなわ)にしかいない、とても大きなカタツムリ。農作物をあらす害虫として、沖縄から持ち出すことを法律(ほうりつ)で禁止(きんし)されています。
 人間にとってこわいのは、それだけではありません。実はアフリカマイマイは、そのからだの中に、おそろしい寄生虫(きせいちゅう)がすんでいることがあります。その名も「広東住血線虫(かんとんじゅうけつせんちゅう)」です。

 その寄生虫が人間の口から入ると、からだの中で成長し、胃をやぶって、脳(のう)やせきずいに向かっていってしまいます。脳までいくと、はげしい頭痛(ずつう)や高熱が続き、死んでしまうこともあります。
 アフリカマイマイを見つけた男の子が、友だちに見せようと手のひらにのせて、皮ふから感染(かんせん)したこともあります。2000年の夏にはこの寄生虫が原因(げんいん)で、沖縄の7才の女の子が死んでしまいました。

 この広東住血線虫は、もともとネズミの体内にすんでいる寄生虫です。カタツムリなどのなん体動物がえさとして食べるねずみのふんに、幼虫(ようちゅう)がまざっていることがあり、今度はその体内でさらに成長を続けるのです。
 こわいのはアフリカマイマイなどカタツムリだけではありません。ナメクジやタニシ、カエルなどのからだにすんでいることもありますし、もちろんネズミに寄生していることもあります。

 だからナメクジやカタツムリを、手で直接(ちょくせつ)さわるのはやめて。もしさわったら、絶対(ぜったい)にその手で口にさわったりしないで、すぐに石けんで手をよく洗(あら)うこと。また、ナメクジの好(す)きなキャベツやレタスは、水でよく洗ってから食べるようにしてください。

いちらんにもどる

Copyright(c)COSMOPIA Inc. All Rights Reserved.