<img src="../img/qa.gif" width="220" height="80" ALT="Q&A">
血液型(けつえきがた)はどうやってきまるの?
からだ

 ちがう血液をまぜたとき、赤血球(せっけきゅう)が集まって小さなかたまりができるものと、できないものがあります。この性質(せいしつ)から血液の種類を分類したものを、血液型といいます。血液型にはいろいろな分け方がありますが、とくに有名なのが「ABO(エイビーオー)式血液型」です。ABO式血液型では、A型、B型、AB型、O型の4種類に分けられます。

 血液型は、親の遺伝子(いでんし)を受けつぐことによって決まります。ABO式血液型の遺伝子には、A・B・Oの3種類があります。父親の精子(せいし)と母親の卵子(らんし)が受精するときに、それぞれの遺伝子を半分ずつ受け取ります。このとき、血液型の遺伝子は父親と母親からひとつずつ受けついで、その組み合わせによって決まります。

 遺伝子の中には、1つでもあればその性質があらわれる「優性(ゆうせい)」の遺伝子と、2つ合わさらないと性質をあらわせない「劣性(れっせい)」の遺伝子があります。血液型の場合、AとBはOに対して優性ですが、AとBの間は、どちらにも優性、劣性の差はありません。したがって、A型にはAAの組み合わせとAOの組み合わせの場合があり、B型にはBBの場合とBOの場合があります。ABの組み合わせはAB型、OOの組み合わせはO型となります。

    A型どうしの親に生まれた子どもの例

 たとえば、A型どうしの親に生まれた子どもの場合をみてみましょう。A型の血液には、遺伝子の組み合わせがAAの場合とAOの場合があります。父親も母親もAAなら、子どももAAとなり、A型しか生まれません。AAとAOの親であれば、その子どもはAAかAOとなりますが、AはOに対して優性なので、やはりA型しか生まれません。しかし、父親も母親もAOなら、子どもはAA、AO、OOの組み合わせがあります。OOの場合は、O型となります。B型どうしの親のときも、同じような組み合わせ方が考えられますね。

 それでは、親がA型とB型のときはどうなるでしょうか。
 まず、A型の親は、AAの場合と、AOの場合が考えられます。B型の親は、BBとBOの場合が考えられます。AAとBBであれば、子どもはABですから血液型もAB型となります。AAとBOの親であれば、子はABかAOとなり、AB型かA型となります。AOとBBの親であれば、子はABかBOとなり、AB型かB型となります。そして、AOとBOの親の場合は、子はAB、AO、BO、OOの組み合わせがありますので、AB型、A型、B型、O型の4種類の血液型が考えられます。


    親の血液型と子の血液型
    父親の血液型から下に、母親の血液型から右に進んで、
    出会ったところが子どもの血液型だよ。



 このように、親の血液型と子の血液型が同じとはかぎりませんが、その遺伝子には必ず父親と母親の遺伝子をひとつずつ受けついでいます。そして、またその子どもへと受けつがれてゆくのです。



 遺伝子について読んでみよう!


いちらんにもどる

Copyright(c)COSMOPIA Inc. All Rights Reserved.